知るを楽しむ

論語には知好楽という言葉があります。これは物事を知っている人よりもその物事を好きな人の方が優れており、その物事を好きな人よりも物事を楽しんでいる人の方が優れているということです。この教えに加え知ることの楽しみや知識が身についていく楽しみを伝えるために知楽社は生まれました。